本村さんに敬意を表する。

【産経抄】4月24日
2008.4.24 02:34


 数日前にインターネットの恐ろしさを書いたばかりだが、やはり便利なものだ。MSN産経ニュースで、本村洋さん(32)の一言一言をかみしめた。「死刑の存廃が騒がれるようになるかもしれませんが、刑罰がどうすれば社会が安全で平和な環境を作れるか考える契機になることを願います」。

 ▼「遺族としては満たされたのですが、社会にとってみれば事件をめぐり私の妻と娘、そして被告の3人の命が奪われることになるわけで、これは明らかに社会にとって不利益なことです」。山口県光市の母子殺害事件で、元少年(27)に死刑判決が出たことを受けて行われた記者会見を、ほぼ完全収録している。スペースや放送時間の制約がある新聞、テレビでは、なかなか難しい。

 ▼本村さんの発言が、メディアを通じて社会の報復感情をあおり立て、裁判に影響を与えたといわんばかりの社説を、一部の新聞で見かけた。的はずれも甚だしい。作家の佐木隆三さんの指摘の通り、判決は弁護団の「自爆」の結果といえる。

 ▼遺体に性的暴行を加えたのは生き返ってほしいから。ドラえもんが何とかしてくれると思った。被告は1、2審では殺意を認めていたのに、差し戻し審では、おぞましい弁明を繰り返し、弁護団はこれこそ真実と主張した。

 ▼主任弁護人を務めた弁護士は、きのう別の事件で自らが有罪を言い渡されている。弁護士といっても人さまざま。裁判員制度を目前にし、常識を働かせることの大切さをあらためて教えてくれた。

 ▼本村さんは、できるだけ早く弥生さんと夕夏ちゃんの墓前で判決を報告したいという。9年間の苦労をねぎらい、これを区切りに新しい人生を切り開いてほしい。2人はそう言ってくれるような気がする。


一言でいえばホッとしている。
常識的な判断が下されたことに対して。
そして、反省の色を見せない人間の屑が世の中から一人消えることに対して。

ただ、この事件、一貫して思ったことは本村さんの人間力の強さだ。
もうこれには敬服に値するというよりも・・・とにもかくにも「凄い」の一言しかない。
その生き様は、現代の日本人が忘れてしまった日本古来からある偉人伝に匹敵するものであるとも思う。

これからの本村さんに幸多からんことを心より祈念します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

onelife
2008年04月24日 22:14
こんばんわ。
コメントされている通りだと思います。
この9年間で鍛えられたんでしょうね。
逆撫でするような輩は、朝日新聞の女性記者以外にも
世の中には変な奴が居るって事で
トラックバックさせて頂いてます。
読まれたら相当気分を害されると思います。

この記事へのトラックバック

  • さっさと出て行け!!

    Excerpt: 青学准教授「死刑は重すぎ。赤ん坊はすぐ死ぬから一人にカウントしない」(電撃速報!!)青山大学の基地外准教授 瀬尾佳美 のブログ(魚拓)日々の気になるトピックス 瀬尾佳美の暇つぶし日記 6ヵ国協議成果な.. Weblog: すきま風 racked: 2008-04-24 22:16
  • 光市母子殺人事件の判決から考える

    Excerpt: 帰宅してパソコン立ち上げ、ブログの管理画面を開いてみたら、昨年5月27日にアップ Weblog: スタヤーチ 激穏・硬軟・甘辛ブログ racked: 2008-06-07 23:50