親父の威厳 毒吐き編

アクセスカウンタ

zoom RSS 何が健全な娯楽だ。

<<   作成日時 : 2010/04/14 10:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討
MSN産経ニュース2010.4.14 08:22

 カジノ合法化法案の成立を目指し14日に発足する超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」は13日、警察の裁量で換金が事実上認められているパチンコについてもカジノ法案と同じ仕組みで立法化していく方針も固めた。カジノを合法化すれば「パチンコは賭博ではないのか」との議論が起こりそうなため、パチンコによる換金も行政の監視下で合法化させるのが目的だ。

 カジノ法案では、カジノについて、国や地方公共団体が運営を厳格に管理、監督することを定めることで、刑法が禁じる賭博の「例外」扱いにする。民主党の案では、地方公共団体の申請を受けた国がカジノエンターテインメント(特定複合観光施設)区域を指定。地方公共団体は、運営する民間事業者を公募・選定し、警察と協力して違法行為の摘発、監視も行う。

 一方、パチンコは現在、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」で「遊技場」と位置づけられ、獲得賞球は、日用品などに交換することになっている。しかし、金地金などの特殊景品に交換し、外部の景品交換所で現金化されることが多い。現金化は「事実上の賭博」にあたるものの、警察が裁量で「黙認」しているのが実態だ。

 パチンコ業界は客離れの加速とともに、ギャンブル性の高い遊技機の導入が増え、「庶民の娯楽からかけ離れつつある」との指摘もある。これを踏まえ、議連はパチンコも国や地方公共団体が管理、監督し、「健全な庶民の娯楽の場」として再生を図りたい考えだ。


一攫千金を夢見るカジノの何処が健全だ。
ボケ。

パチンコにしても北の資金源や警察OBの天下り先であるため、
違法行為である3店方式が黙認されているだけであるのは周知の事実。
だから、逆に取り締まってしかるべきもの。
それを合法化って馬鹿じゃねぇかこちつら。
ただでさえ、北朝鮮の資金源とか、パチンコに関連した事件や
ギャンブル依存症と云った病気の問題等、山積みにされているのにもかかわらず。
こんなのに将来展望はないだろ。
目先の利益や集客と云ったものもあるだろうが、治安や利権に群がる亡者等の
リスクが大きすぎるんだよ。狭い日本じゃ教育にも影響するし。

支那の軍艦が公海を堂々と通った事を問題視しないとアホぬかしている
官房長官も含めドタマカチ割って脳みそ見てみたいわ。

ホント日本のがん細胞どもめ。地獄に堕ちろ。
腹立つ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何が健全な娯楽だ。 親父の威厳 毒吐き編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる